iForex口座開設メリット2|ロスカット水準ゼロ

海外FX業者が多いなかiForex口座開設の魅力的ポイントは何でしょう?こちらのページにてアイフォレックス口座を他の海外FX業者と比べ、それらのメリットを教えます。

iForexは長年海外FX取引サービスを提供しており、日本人の中100%入金ボーナスや40%までキャッシュバックで注目を集めています。それに、海外FX業者のなか初めて追証なし制度を導入したブローカーはiForexです。エックスエムやランドFXがまだできてない数年前までは「海外FXならiForex」しかなかったです。今でもアイフォレックスは簡単口座開設や60種類以上のFXスワップの高い通貨ペア取引サービスの提供などで、日本人の中でかなり人気となっています。こちらでiForexで口座開設する主なメリットをまとめてみました。

今すぐiForex口座開設

ロスカット水準ゼロのiForex口座

海外FX業者のなかiForexだけ0%のロスカット水準を導入しております。それは簡単に言うと証拠金がゼロに落ちるまではお持ちの取引ポジションがロスカットされないという意味です。日本の100%ロスカット水準に比べ、これはかなりより良い取引条件です。海外FX業者でも50%や40%ロスカットレベルを導入しているブローカーは多く、一番良いXM口座も20%のロスカット水準となっています。

こちらいくつかFX会社の例を同じポジションの視点からみてみましょう!例えば、山田君が国内FX業者で口座を開設し、田中君が海外FX業者のXMで口座開設しているとします。鈴木君がiForex口座を開設しています。3人とも同じ10万円を入金します。海外FX業者の場合は入金ボーナスはありますので、取引に使える証拠金が次の通りになります。

国内FX業者:      10万円

他の海外FX業者(XM) :  17万円

iForex :        20万円

国内FX業者と海外FX業者の違い入金の時点から明らかになります。次に、3人とも20倍のFXレバレッジを利用し、約20000単位のドル円買い取引を開始します。取引証拠金は国内FX業者の場合8万円、XMの場合2500円、アイフォレックスの場合5000円くらいとなります。3人ともドル円が上昇すると予想しているのに、急に円高が始まりドル円が急落していきます。

iforex証拠金利用とロスカットガイド

国内FX業者の場合はロスカットは100%なのでドル円が1円(100pips)下落した時点でポジションが決済され、2万円の損失となります。しかし、エックスエム口座とiForex口座の場合はドル円が10円(1000pips)下落してもポジションを持ち続けます。例えば、ドル円が1円くらい下落し、そこから上昇した場合は国内FX業者は損のままで海外FX業者は利益に入ります。

当然、iForexは追証なし・ゼロリセット制度を導入していますので、マイナスになった場合も心配はありません。ゼロリセットにしてくれます。それに、iForexですと両建て時に証拠金利用はゼロです。「FXレバレッジが高いので海外FXを試してみたいがリスクも高いでしょう?」という方にはiForexがピッタリです。

今すぐiForex口座開設

iForexトレーダー